スポンサーリンク

ブロンコスQBロックが第5週でプレーする可能性はフィフティ・フィフティ

スポンサーリンク
NFL
スポンサーリンク

デンバー・ブロンコスのクオーターバック(QB)ドリュー・ロックは投球する方の肩を負傷し、この2週間を傍観者として過ごした。しかし、早ければ第5週にもサイドラインから解放されるかもしれない。

現地1日(木)、サーズデーナイトのニューヨーク・ジェッツ戦で今季初勝利を挙げたばかりのブロンコスヘッドコーチ(HC)ビック・ファンジオは、2日(金)に記者団に対し、第5週のニューイングランド・ペイトリオッツ戦で自分たちのQB1が戻ってくる可能性があると語った。

「ドリューは、そうだね、第5週に復帰できる可能性はフィフティ・フィフティだと思う。私は今とても正直に話している」とファンジオは述べた。「それまでは彼の回復具合を見守り、様子を見て判断する」

第3週にバックアップのジェフ・ドリスケルを起用してタンパベイ・バッカニアーズに敗れたファンジオは、サーズデーナイトで第3のQBブレット・リピンを先発に選んだ。予想通り、リピンのプレーは苦悩が皆無ではなかったが、2年目のQBはよく踏ん張り、初めての先発で242ヤード、2回のタッチダウンと3回のインターセプトを記録して勝利を手に入れた。ロックがプレーできなかった場合は再びリピンが先発を務めると予想されている。

若いブロンコスが経験豊かなペイトリオッツと対戦するに当たって、ロックの復活は大きいかもしれない。この1週間の練習は彼が復帰可能かどうかを見極めるために重要なものとなる。

【M】

タイトルとURLをコピーしました