スポンサーリンク

ブロンコス、サーズデーナイトの先発QBにブレット・リピンを指名

スポンサーリンク
NFL
スポンサーリンク

デンバー・ブロンコスのクオーターバック(QB)ポジションがまたメリーゴーラウンドのように回り始めた。

ブロンコスはサーズデーナイトに実施されるニューヨーク・ジェッツとの試合にブレット・リピンを先発させる見込みだと、『NFL Network(NFLネットワーク)』のジェームズ・パーマーが情報筋の話を元に伝えている。

ブロンコスのヘッドコーチ(HC)であるビック・ファンジオは後にリピンが先発する予定だと認める一方、“必要だと思えばジェフ(ドリスケル)も出場させることもできる”と語った。

2度のスーパーボウルチャンピオンである元QBマーク・リピンの甥にあたるブレットは2019年にドラフト外でブロンコスに加わり、初年度の大部分を練習生として過ごしている。2020年も同様のスタートを切ったものの、ドリュー・ロックの負傷によってブロンコスのQBプランに変更が強いられ、ジェフ・ドリスケルのバックアップとしてアクティブロースターに昇格した。

現地27日(日)にタンパベイ・バッカニアーズに敗れた試合では、後半にドリスケルと交代したリピンがパス9回中8回成功、53ヤードを記録した。一度のパス失敗はバッカニアーズのセーフティ(S)マイク・エドワーズによるもので、投球がまずかったというよりはエドワーズが優れていたと言うべきものだ。

木曜日の試合はリピンにとってキャリア初の先発となる。2019年の開幕時から数えて5人目のブロンコス先発QBでもあり、ブロンコスが第50回スーパーボウル制覇を果たしてペイトン・マニングが引退してからは9人目にあたる。

【A】

タイトルとURLをコピーしました