スポンサーリンク

ファルコンズWRジョーンズはベアーズ戦でインアクティブ

スポンサーリンク
NFL
スポンサーリンク

0勝2敗のアトランタ・ファルコンズは、スターワイドレシーバー(WR)フリオ・ジョーンズなしで2勝0敗のシカゴ・ベアーズと戦わなければいけない。

公式にジョーンズはハムストリングのけがにより、第3週のサンデーゲームでインアクティブとなった。

ジョーンズはけがに対処するため、今週の練習をずっと欠席していた。第2週のダラス・カウボーイズ戦では2回のキャッチで24ヤードにとどまり、ファルコンズは最後に劇的な逆転負けを喫してしまった。

チームは試合開始ぎりぎりまで待って彼が出場できるかどうかを判断した。だが結局ジョーンズはプレー可能ではなかった。ハムストリングのけがが数週にわたるものでないことをチームは願っている。

ジョーンズは過去に同様の軟部組織損傷を抱えながらプレーしたことがある。負傷の機会は多いものの、31歳の彼が試合を欠場するのは過去4シーズンでわずか2試合目だ。

マット・ライアン時代で初の0勝3敗スタートを避けるために何としても勝利が欲しいファルコンズにとっては大きな打撃だ。ジョーンズの不在によって、優秀なベアーズのセカンダリーを相手にターゲットの機会を増やすのは、ナンバーワンレシーバーとしての力を証明したカルビン・リドリーだ。ラッセル・ゲージにも活躍のチャンスがあるだろう。

この他にファルコンズからはコーナーバック(CB)ケンダル・シェフィールド、セーフティ(S)リカルド・アレン、ラインバッカー(LB)フォイ・オロウクン、タックル(T)ケイレブ・マクガリーとディフェンシブエンド(DE)タカリスト・マッキンリーの欠場も決まっている。

【M】

タイトルとURLをコピーしました