スポンサーリンク

パッカーズに打撃、WRアダムスとDLクラークがインアクティブ

スポンサーリンク
NFL
スポンサーリンク

グリーンベイ・パッカーズのパスゲームにおけるトップオプションであるワイドレシーバー(WR)デイバント・アダムスと、こちらもチームのトップディフェンダーに挙げられるディフェンシブラインマン(DL)ケニー・クラークが、現地27日(日)に実施されるニューオーリンズ・セインツ戦でインアクティブとなった。

アダムスはハムストリングの軽度な張りによってダウトフルとされており、試合直前に今回の決断に至っている。一方、シーズン第2週の試合を欠場したクラークは鼠径(そけい)部の負傷でクエッショナブルとされていた。

試合当日の朝に『NFL Network(NFLネットワーク)』のイアン・ラポポートが、アダムスは試合出場に向けて努力しており、チームもチャンスを与えようとしていると報じている。しかし、この大博打は実らなかったようだ。

第1週の試合でキャッチ14回、タッチダウン2回を記録していたアダムスだが、第2週にデトロイト・ライオンズに勝利した試合ではキャッチ3回にとどまっていた。

クラークもディフェンス全体における要だったが、出場は見送られている。

【A】

タイトルとURLをコピーしました