スポンサーリンク

胸背部負傷のジャガーズWRチャークはTNFから除外

スポンサーリンク
NFL
スポンサーリンク

現地24日(木)の朝に見えていたワイドレシーバー(WR)D.J.チャークの有望な兆しは、午後になって消えてしまった。

ジャクソンビル・ジャガーズは胸部と背部を負傷したチャークを木曜日に実施されるマイアミ・ドルフィンズとの試合から除外すると発表している。

当初はクエッショナブルとされていたチャークにもプレーが可能になるかもしれないという希望があったが、チームはトップレシーバーに安全策を取ることにしたようだ。クオーターバック(QB)ガードナー・ミンシューがボールを広く展開する中、チャークは今季の2試合でターゲット7回中キャッチ7回、109ヤード、タッチダウン1回を記録した。

2週間にわたってビッグプレーの多くを断ち切ってきたドルフィンズのディフェンス陣からトップコーナーバック(CB)バイロン・ジョーンズが欠ける見込みであり、チャークのチームメイトたちにとっては助けになるはずだ。

2週間を通じて最もターゲットになっていたWRキーラン・コールがターゲットになる回数はさらに増えるだろう。新人のラビスカ・シュナルトJr.は興味深い万能選手であり、バックフィールド、スロット、そしてアウトサイドのそれぞれからタッチを決めている。このダイナミックなルーキーの役割もチャーク不在によって大きくなる。

ジャガーズはシーズン第1週と第2週で若手の力に大きく頼っていた。チャークがいない今、サーズデーナイトフットボール(TNF)ではさらに若い選手の力が必要になる。

【A】

タイトルとURLをコピーしました