スポンサーリンク

チャージャーズQBテイラーの欠場は鎮痛剤の合併症が原因

スポンサーリンク
NFL
スポンサーリンク

ロサンゼルス・チャージャーズのヘッドコーチ(HC)アンソニー・リンは現地20日(日)に対戦したカンザスシティ・チーフスとの試合で開始のコイントスが終わるまで、クオーターバック(QB)タイロッド・テイラーが出場できない状態にあるとの知らせを受け取っていなかったという。リンHCのプラン、そしてベテランQBテイラーの運命は試合前の注射によってひっくり返ってしまった。

『NFL Network(NFLネットワーク)』のイアン・ラポポートとマイク・ガラフォロは、テイラーが肋骨のケガ対策として摂取した鎮痛剤の合併症を患ったため、試合直前の急展開に至ったと報道。NFLネットワークのスティーブ・ワイチによれば、テイラーはすぐさま病院に搬送されたという。

シーズン第3週のカロライナ・パンサーズ戦に向けたステータスは不明ながら、リンHCは延長で敗れたチーフス戦後、テイラーの状態に問題がなければチャージャーズの先発QBであり続けるだろうと話していた。

21日にもリンHCが「タイロッド・テイラーが100%なら、彼がわれわれのクオーターバックだ」と繰り返した。

【C】

タイトルとURLをコピーしました