スポンサーリンク

49ersにケガ人続出、QBガロポロは次戦欠場か

スポンサーリンク
NFL
スポンサーリンク

ディフェンスの要であるジョーイ・ボサを負傷で欠いたサンフランシスコ・49ersの状況は悪化の一途をたどっている。

ディフェンシブエンド(DE)ボサは49ersがニューヨーク・ジェッツを相手に31対13で勝利した試合の第1クオーターに膝を痛めて途中退場。チームは即座にボサを試合から除外しており、試合後にはヘッドコーチ(HC)を務めるカイル・シャナハンがボサはACL(前十字靱帯)を断裂している可能性が高く、さらなる検査を受ける予定だと明かしている。

しかしながら、49ers陣営のけが人はこれだけで終わらなかった。

49ersの先発クオーターバック(QB)であるジミー・ガロポロは前半を通してプレーしたものの、チームが21対3とリードして迎えた後半の開始時に足首負傷による途中離脱が明かされた。ガロポロに代わってニック・ムレンズが出場している。

シャナハンHCによれば、ガロポロは足首高位をねんざしているといい、次週のニューヨーク・ジャイアンツ戦はムレンズが先発QBを務める筆頭候補ということになる。

先発ランニングバック(RB)ラヒーム・モスタートも膝のケガで途中離脱を余儀なくされ、『NFL Network(NFLネットワーク)』のイアン・ラポポートが伝えたところによると、中程度のMCL(内側側副靱帯)ねんざと考えられているが、月曜日の検査で復帰までのタイムテーブルが分かってくるだろう。

さらに、ボサがフィールドを去って2プレー後には同じディフェンスラインを守るソロモン・トーマスが膝を負傷、カートに乗せられて下がり、試合には戻ってきていない。

【C】

タイトルとURLをコピーしました