スポンサーリンク

足首負傷のセインツWRトーマスはレイダース戦欠場

スポンサーリンク
NFL
スポンサーリンク

ニューオーリンズ・セインツは今季最初のアウェーゲームをワイドレシーバー(WR)マイケル・トーマス不在で戦うことになる。

セインツは現地21日(月)にオークランド・レイダースとのマンデーナイトフットボールを控えているが、『NFL Network(NFLネットワーク)』のイアン・ラポポートが19日に報じたところに寄ると、スターレシーバーのトーマスが試合から除外されたという。その後、チームもこの一報を認めている。

2019年最優秀攻撃選手賞に輝いたトーマスはシーズン第1週に対戦したタンパベイ・バッカニアーズとの試合終盤に足首を捻挫して今週の練習をすべて欠席していた。試合中も珍しく精彩を欠き、ターゲットになった5回のうち3回をつないで17ヤード、タッチダウンはゼロだった。

負傷しながらも出場を目指していると伝えられていたトーマスだが、火曜日にはラポポートに加えてトム・ペリセロもトーマスが数週間の欠場を余儀なくされる可能性があると報じていた。

クオーターバック(QB)ドリュー・ブリーズはエマニュエル・サンダースやディオンテ・ハリスら他のレシーバー陣と、タイトエンド(TE)ジャレッド・クック、ランニングバック(RB)アルビン・カマーラを生かしてトーマス不在の穴を埋める必要がある。

【C】

タイトルとURLをコピーしました