スポンサーリンク

タイタンズが10月のホーム3試合に一部のファンを動員

スポンサーリンク
NFL
スポンサーリンク

ファンがニッサン・スタジアムに帰ってくる。

テネシー・タイタンズは、10月のホームゲーム3試合に限られた人数のファンを動員する予定であり、残りの試合ではより多くの観客をニッサン・スタジアムに動員する可能性があると現地17日(木)に発表した。ジャクソンビル・ジャガーズを迎え撃つ現地20日(日)開催のホーム初戦は無観客のままで開催される。

現地10月4日(日)に行われるホーム第2戦のピッツバーグ・スティーラーズ戦では、ニッサン・スタジアムの総収容可能人数(6万9,143人)の10%の観客を迎える。この比率はその後、現地11日(日)実施のバッファロー・ビルズ戦で12.5%、現地18日(日)実施のヒューストン・テキサンズ戦で15%に引き上げられる。シーズンチケット保有者が優先され、スタジアム下層階に着席する。

11月と12月のタイタンズのホームゲーム4試合では、21%に相当する1万4,500人のファンを動員することができる。

タイタンズのバーク・ニヒル会長兼CEOは声明のなかで、「ニッサン・スタジアムにファンの皆様を再び迎えることができて興奮しています。実現に協力してくれたクーパー市長とナッシュビル都市圏公衆衛生局には感謝してもしきれません。ファンの皆様、選手、そしてスタッフの健康と安全は引き続き我々の最重要課題であり、今後も状況に応じて柔軟に対応する必要があるかもしれないので、段階的な収容人数の増加計画が適切な対応であると思っています。ファンの皆様が戻ってくるにあたり、われわれのスタジアム安全計画が皆様に安全で快適な体験を提供するものであると自信を持っています」と述べた。

シーズン第1週に観客を動員したチームはわずかで、今後数週間のうちに限られた人数の観客動員を予定するチームがいくつかある。

【SC】

タイトルとURLをコピーしました