スポンサーリンク

49ers、TEキトルは練習欠席も第2週出場の見込み

スポンサーリンク
NFL
スポンサーリンク

タイトエンド(TE)ジョージ・キトルは現地16日(水)の練習に参加しない。もしかしたら1週間の練習すべてに参加しないかもしれない。だからと言って、日曜日にプレーしないわけではない。

サンフランシスコ・49ersのヘッドコーチ(HC)であるカイル・シャナハンは報道陣に対し、オールプロ選出のキトルが現在は膝の捻挫で戦線を離脱しているものの、現地日曜日に組まれているニューヨーク・ジェッツ戦ではプレーすることが“十分に予想される”と話した。

49ersのトップレシーバーはシーズン第1週にアリゾナ・カーディナルに敗北した試合の前半で負傷した。フィールドには戻ったものの、後半でターゲットになることはなく、キャッチ4回、44ヤードにとどまっていた。シャナハンHCはキトルがジェッツ戦への出場準備を整えるために、必ずしも練習に参加する必要はないと述べている。

49ersはキトルを強く必要としている。シーズン前に襲った一連の負傷の波が、経験の少ないレシーバー陣の力を大幅に下げているのだ。救いの手は水平線上に見え始めている。ただ、それはどれくらい早く届くのだろう?

シャナハンHCは開幕戦をハムストリングの負傷で逃していたルーキーワイドアウトのブランドン・アイユークがシーズン第2週にデビューする見通しだと述べている。アイユークは水曜日の練習に制限付きで参加することになっている。49ersは火曜日にベテランのモハメド・サヌーと契約を交わしており、サヌーはアトランタ・ファルコンズ時代に当時の攻撃コーディネーター(OC)だったシャナハンHCの下でベストに近いプレーをしていた選手だ。サヌーはまず新型コロナウイルス(COVID-19)の検査にパスする必要があり、最短でも金曜日までは練習できない。シャナハンHCのオフェンスになじみがあることが、サヌーを即戦力候補としている。

これらの誰かが、もしくは全員が戦列に加わることは、前戦でマンパワー不足に苦しんだクオーターバック(QB)ジミー・ガロポロにとっての恩恵になるだろう。

【A】

タイトルとURLをコピーしました