スポンサーリンク

荒れたデビューもKゴストコウスキーに「多くの信頼を寄せる」タイタンズ

スポンサーリンク
NFL
スポンサーリンク

スティーブン・ゴストコウスキーの悲惨な夜の最後に少しの幸せが訪れ、テネシー・タイタンズでのデビュー戦は救われた。

それはゴストコウスキーの仕事を救ったと言えるだろう。タイタンズのヘッドコーチ(HC)であるマイク・ブラベルは16対14で勝利した試合でゴストコウスキーが見せたものを上回る活躍を期待していると現地15日(火)に述べたが、それでもチームはまだこのベテランを信じている。

「彼のように、キャリアを通じたフィールドゴール成功率で87%を記録しているような選手の場合、いくつかの修正点は本人に課せられることになると思う」とブラベルは語った。

「しかし、それはまた、われわれと運営面、そしてわれわれの保護能力や彼の周辺環境を改善する能力、そしてスティーブンが前進することに十分な信頼と確信を持てるかにも関係してくる」

ゴストコウスキーの危険地帯は月曜日の夜、30ヤードラインから始まった。彼は最初の3クオーターそれぞれでキックを外した。それぞれ42ヤード以上の距離からのキックを失敗したが、最終的には25ヤードのチップショットを決め、タイタンズはブロンコスに勝利した。

ゴストコフスキーがより短い距離のキックを外していたら、今頃雇われているかどうか疑問に思うのも無理はない。

試合結果に影響しない場合は、問題を修正し、背中を叩き「次は決めようぜ」というのも簡単だ。しかし今回の場合はもう少しで試合結果に影響を及ぼすところだった。

この苦悩はゴストコウスキーだけのものではない。『NFL Research(NFLリサーチ)』によると、第1週でのNFL全キッカーの成功率はわずか71.6%だった。フィールドゴールの失敗回数は2011年の第10週以来最も多く、第1週の失敗回数としては、1982年以来最も多い回数となった。また、71.6%という数字は1998年の第1週以来最も低い成功率だった。

NFLにおいて、特にキッカーにおいては、失敗の余地は極めて少ない。クリーブランド・ブラウンズのKオースティン・サイバートは第1週にフィールドゴールとポイント・アフター・タッチダウンを失敗した後にリリースされた。ベテランとしての評判に関係なく、ゴストコウスキーには第1週よりも良い結果を残す必要がある。

【J】

タイトルとURLをコピーしました